大手3サービスのキャッシングを比較すると

プロミス
200*200
三菱東京UFJ銀行カードローン
みずほ銀行
来店
不要
WEB完結
最短30分審査回答
WEB完結
最短30分審査回答
WEB完結
コンビニ
出金
提携ATMでOK 提携ATMでOK 提携ATMでOK
土日祝日
出金
※1
実質
年利
4.5%~17.8% 4.6%~14.6% 4.0%~14.0%
専業主婦
借入
専業主婦
限度額
30万円まで
無利息
期間
30日間あり※2
特徴 ・即日の借入も可能
・無利息期間あり※2
・口座不要で可能
・ATM手数料0円
・専業主婦借入OK
・銀行カードローン

※1土曜日・・・0時00分~22時00分 *(ご返済のみ9時00分~17時00分)日曜日・・・時00分~24時00分(ご返済のみ9時00分~17時00分)※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくはプロミス公式HPをご確認ください。

プロミスなら土日の即日融資も可能!



平日15時以降の申込は銀行の関係で即日融資が難しくなります。プロミスは平日15時以降も土日祝日も、【WEB申込後→自動契約機でカード受取り】することで即日融資が出来ます。プロミスは三井住友銀行のローン契約コーナーでもカード発行出来ます。WEB申込、自動契約機でカード受取りは基本、郵便物なしです。契約機数が多いので、全国どこでもお金を借りれ便利!プロミスATMは営業22時までで、遅い時間帯の即日キャッシングも可能です。

200*200

受付から約10秒で振込み可能な「瞬フリ」がプロミスにはあります。銀行口座が三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合に限りますが、即日キャッシングに対応しています。















即日 キャッシング出来るサービス一覧

サービス名 実質年利 限度額 審査時間 詳細
みずほ銀行
4.0%~14.0% 1,000万円 最短即日審査
アコム
アコム
4.7%~18.0% 500万円 最短30分
アイフル
4.5%~18.0% 500万円 最短30分
モビット
120x60_夏菜さん_LOOP
4.8%~18.0% 500万円 最短10秒で審査結果が判明
プロミス
120 × 60
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
オリックス
銀行
オリックス銀行カードローン
3.0%~17.8% 800万円 最短即日審査




先週久々に女子会をして盛り上がりました。大学時代からの友人たちですが一人は結婚して子供も小さいので中々出てこれません。もう一人はキャリアウーマンで忙しいらしいですが何とか都合が付いたので久々でした。私は一応仕事してますが雀の涙程の給料を何とかやりくりしてるんだけど飲み会に行くとか遊びに行くとかの余裕ありません。そんな状態なのでもちろん貯金など出来る訳ありませんがほんと久々だし中々会えないのでどうしても行きたかったんです。そこでお金を借りる事にしました。即日 キャッシング出来る所を探したら結構あるのね。慎重に選んでキャッシング審査しましたが即結果出るのね。びっくりしました。とりあえずキャッシングしました。来月の給料で返済しますよ。でも即日 キャッシングって癖になりそうです。自分のカードの感覚になります。これではいけないと言い聞かせてます。また必要に応じて即日 キャッシング利用しようとは思ってるけどほんとに必要な時だけです。癖がついたら返済出来なくなり借金が膨らんで自己破産なんて事になりかねるのでね。キャッシングは、お金をすぐに借りることができるサービスのことで、主に消費者金融やクレジットカードなどが提供しています。仕組みとしては、予め信用審査を行っておき、その上で借入限度額を設定し、その枠内であればいつでもお金の借り入れが可能というものです。しかし、キャッシングを利用するためには信用審査に通る必要があります。信用審査では、住所、氏名、生年月日といった個人の情報から、職業と就業している会社の連絡先、また年収、家族構成、他社からの借り入れなどの情報を提供する必要があります。基本的に個人情報はその人が日本で住んでいる人かどうかを確かめ、また生年月日では借り入れが行える年齢であるかを確かめることにあります。キャッシングの多くは、対象年齢を20歳以上65歳または70歳以下としています。20歳以上である理由は、未成年者は民法上本人の意思に関係なく保護者によって保護されているという点です。このため未成年者が結んだ契約は保護者の同意が必要で、同意なく結ばれた場合には、保護者がその契約を一方的に破棄することができるとなっているためです。そのため、未成年者は原則として借り入れが出来ないようになっています。また上限の年齢に関しては、収入が途絶え、返済できる見込みが少なくなることが大きく影響していますが、上限年齢は会社の自主規制といったところが多く、この年齢に達する前でも借り入れが出来なくなりますし、安定した収入があれば、これ以上の年齢でも借り入れることが可能な場合があります。このほか、職業は公務員やサラリーマンといった安定した職の方が高く評価されます。また他社からの借り入れがある場合には低く評価されるので、他の条件を満たしていても借り入れを断られるケースもあります。なお、キャッシングは貸金業法に則って行われる融資であるため、借入限度額は原則、年収の3分の1までとなっており、また1社あたり50万円、他社と合わせて100万円以上の借り入れを行う場合には収入証明を提出する必要があります。金利に関しては、借入額ごとに設定されており、10万円以下の場合には年利18%程度の金利が設定されているケースが多いので注意が必要です。審査は消費者金融の場合であれば、営業時間内であれば即日で行われるのがほとんどで、審査も得られた情報をもとに数値化しているため、条件が合致すれば即日でキャッシングを受けることも可能です。キャッシングでは、今話題のキャッシングを紹介しています。どれも知名度の高い大手金融機関のキャッシングなので安心です。キャッシングがおすすめしているキャッシングは、銀行と銀行系の商品です。最短即日で借りることが可能ですし、金利も低く抑えられています。銀行キャッシングの特徴は、金利が低く抑えられていることです。銀行は全般的に低金利ですが、消費者金融と同レベルの金利設定としている銀行もあるので、金利比較はよく行っておくべきでしょう。銀行だから100%低金利だと決めつけず、必ず複数の銀行を比較して低金利のところから借りましょう。お金は一度借りてしまうと、契約内容を変更することが容易ではありませんし、簡単に乗り換えもできません。契約段階において、ローン選びを徹底しておく必要があるわけです。銀行は総量規制の対象外でもあるので、他社借入が年収の3分の1を超えているけど借りたいという状況でも重宝します。必ず年収の3分の1超の借入をできるわけではありませんが、借りられる可能性があるのは大きな意味があります。消費者金融、銀行系の業者ですと、総量規制の対象になってしまうのです。銀行系キャッシングは、銀行と提携したノンバンク系が提供するローンです。総量規制の対象となりますし、金利は銀行より少し高いです。メリットは比較的借りやすいことであり、銀行で借りられない方が申し込むことが多いです。自分にとって最適なキャッシングは、自分以外は選べません。キャッシングでは人気の商品を紹介していますが、それぞれ細部には違いがあります。30日間の無利息期間が欲しい、WEBで即日融資を受けたい、何よりも低金利にこだわる、キャッシュカードに付帯するローンが欲しい、などなど。何を重視するかによって、最適なローンは変わってくるのです。キャッシング選びをする前に、条件の優先順位を決めておきましょう。ただ何となくで選んでしまうと失敗します。キャッシングでは、悪徳な業者はいっさい掲載していません。悪徳業者を避ける一番の方法は、知名度の高い会社から借りることなのです。中には有名業者に類似した名称を名乗っている悪徳業者もありますが、有名な銀行や消費者金融のWEBサイト経由で申し込みすれば間違いないでしょう。キャッシングの詳細については、WEBサイトで確認するのが確実です。借り方、返し方などの方法もローンにより異なるので比較しておきましょう。

このページの先頭へ